表現の自由 -取材の自由・新聞記者の場合-

憲法

表現の自由 -取材の自由

新聞記者の場合、

取材源の秘匿は刑事訴訟法が保障する証言拒絶の権利が認められるか

基本的に取材源秘匿の自由は

刑事裁判認められない 

 理由:事実発見の要請が高い

民事裁判認められる場合がある 

 理由:争点は金銭の問題が多く、事実より取材の自由を重視する場合もある

 ※「~場合がある」の表現に注意しましょう。

 「必ずある」のではなく、「可能性がある」という意味です。

 試験ではどのジャンルでもこの違いが問われますので、

 違いをしっかり把握しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
憲法
スポンサーリンク
初心者の行政書士試験