「意思表示」はどんな時?

民法

意思表示とは、一定の法律効果の発生意欲する意思周囲に表示する行為のことです。

当事者の意思が相手方に伝わることで成立します。

当事者が心の中で「こうしたいな」と思っただけでは成立しません。

それではどんな事柄が当てはまるかの一例をご紹介します。

契約の申込み」→意思表示

契約の解除」→意思表示

転貸の承諾」→意思表示

債務の承認」→観念の通知

債務の履行の催告」→意思の通知

スポンサーリンク
スポンサーリンク
民法
スポンサーリンク
初心者の行政書士試験